スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出産レポ【2】 赤ちゃん誕生編。

* 汚い表現満載ですので付き合っていただける方のみ
お付き合い下さい。

* レポ【1】では“看護師さん”と書いてましたが、
おそらく“助産師さん”なので この日記から訂正してます。



■ 12:15~

分娩室に移動。
本当に出産するのかまだ全く信じられなかった。
この時点まで来ても、う○ちが出れば治まるんじゃない!?
って半信半疑だった。ここまで来るとバカか?(笑)

アイスはいくら食べても無料と言われ、喜んで食べる(笑)
いいとも見ながらたまに来る陣痛を無理矢理笑顔でフゥーとのがしながら
アイス食べたりダンナさんにメールしたり。
友達にも陣痛来たっぽい~なんてメールしてた。


■ 13:00~

テレビ消して、ソフロロジーの音楽に集中してみる。
さすがに痛みが強くなってくる。
えり母に腰さすってもらったり、準備してたゴルフボールで
コロコロしてもらったり。
「さすった方がいい?押した方がいい?」と言われ
「んじゃ次の陣痛では押してみて~」なんて言ってられる程。
えり母は元看護師なので終始冷静だった。
正直ダンナよりも立ち会ってもらって良かったよ…(笑)
陣痛の間は本当に余裕で、ダンナさんに
○○持って来て~とか、早く来て~なんてメール。

やっぱり私の陣痛の痛みは便秘っぽい痛み。
私、毎回ではないんだけど生理痛がヒドい時は本当にツラくて
薬が効くまでの間は涙出て、のたうち回る程で
吐き気もして来る時もあったので、それに比べたら我慢できる痛みだった。
よく、『陣痛は生理痛のヒドいの』って言われるけど
私、生理痛のヒドい陣痛だったら耐えられなかったかもしれない…
便秘のヒドい痛みで良かった…


■ 13:45~

破水。
プチっとえり母も気づく程の音がしたと思ったら
一気にジャーー。
そして出産がいよいよ確定した感じで、急に怖気づく…
本当にそれまでは後に引き返せる気がしてた。
結局最後まで覚悟は決まらずビビってた弱虫母。。
本当に怖かったな…

いつ破水してもいいように防水シート敷いてくれてた。
すぐにナースコール。
助産師さんたちは早くても17:00頃に破水すると思ってたらしく
「あなた本当に進みが早すぎるわ~(笑)」と笑われる。
早く進みすぎても危険的な事を言われたけど、
(理由は忘れた。笑)早ければ早い方が私は助かる…

そしてダンナさんに「破水した!早い方がいいかも」と
出産前最後のメールをする。
この時点でも陣痛と陣痛の間はメールとかできたし、逆に
気が紛れて良かった。


■ 14:00位?~

もう暑すぎて病院着を脱ぎ捨ててタンクトップ姿に(笑)
それを見た助産師さんに
「服脱いでる人初めて見た~(笑)」と笑われ、
出産後に写真撮影があるからと、タンクトップを脱いで
病院着を着る事に(笑)
まさかの全裸のお着替えタイム(笑)
自分ではもう着替えられないので、えり母と助産師さんに
着替えさせてもらう。

一気に陣痛が変わる。
陣痛が来ると、えり母と助産師さんに力いっぱい
さすってもらったり押してもらったり。
もう、どこが痛いのかわかんないんだけど 力いっぱいで
体に触れててもらうだけで安心する。
持って来たテニスボールは使わず、助産師さんが
お尻とか押してくれてた。

この時点で一気に子宮口 7センチ。

助産師さんに、「もうダンナさん間に合わない!」と言われた。
私「全然いいです!赤ちゃんの元気な姿見せるだけで十分!」
とカッコいい事言ってた(笑)


とりあえず、陣痛と陣痛の間は冷静になるように注意した。
ダンナさん間に合わないよな~ とか
夜ごはん何かな~ とか、全然関係ない事を考えるようにしてた。

もう何時かわかんないけど、一気にいきみたい感覚に…
でも、子宮口8センチで全開じゃないから我慢と言われる。
この辺が一番ツラかったかな…
『モコごめん。ひとりっこでいいかも』って若干めげた。

力抜いて!って言われても入るーー
でも陣痛と陣痛の間は赤ちゃんに「がんばれ~もうすぐだよ~
痛くないよ~」って話しかけてあげる。

いよいよ分娩態勢に!
今思えば、助産師さんがずっと会陰マッサージしてくれてた。
開きやすくなるように柔らかくなるようにしてくれてたんだな~(感謝)

いきみを逃すのが本当にツラい。
何も食べなかったから吐き気はなかったけど、
昼食食べてたら吐いてたと思う。
食べなくて本当に良かったと思った。

ここに来てまでも便意が(笑)
「う○こ出るーーーーっ!!う○こっっ!!」
と、とりあえず先に分娩台でう○こ出産(笑)
助産師さんが取り上げてくれた(笑)
午前中から便意との戦いだったので
「スッキリした~」とホッとする(笑)
今考えると意外と冷静だったなー。

先生分娩室に来る。

いつ全開になったかわかんないけど、
もう我慢の限界でフゥーーと息をはきながらいきんでた。

「赤ちゃん苦しがってるよ!」と言われてモニターの心音聞いたら
確かに心拍がゆっくりになってる!!
私、ちゃんと呼吸できてなかったんだ!と我に帰り
しっかりと呼吸してみたら心拍あがった!
やっぱり母体と赤ちゃんは一心同体!
陣痛と陣痛の間は呼吸を整える事に集中した。


■ 15:00

予想よりも早くダンナさん到着!
誰もがダンナさんの立会いを諦めてたので
分娩室に入って来た時は分娩室内大歓声(笑)
まるでヒーロー登場(笑)
助産師さんがカルテにダンナの到着時間まで書いてるのを私見てた。
えり母にかわってダンナさんに手を握ってもらう。
でも、「強く握ると痛いかな?」って枕も一緒に握る冷静な私。
陣痛と陣痛の間は「セミがないてる~」とか気を紛らわせて
赤ちゃんのために呼吸を整える。

そんな中、ダンナさんが酢飯でも冷ますかのように
うちわ攻撃!!(笑)
「そんなに仰がなくていいっ!」と若干キレる(笑)
ダンナさん来てから2~3回いきんだら赤ちゃん出てきた!!!





にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト


コメント

非公開コメント

初期のころから楽しく拝見させてもらってます!今回も読んで、かなり笑いました☆おかげで、出産の不安がとけて楽しみに変わりました!!今九ヶ月に入りやっと、出産育児に対して実感湧いて来た感じなんですけど、えりさんみたいな早くて時々笑えるお産理想です笑
これからも色々と参考にさせてもらいます★

あゆさん*

おはようございます☆
コメント嬉しいです!

出産妊娠初期の頃から読んで下さってるんですね♪
ありがたやー(=´∀`)人(´∀`=)

不安が楽しみに変わったなんて良かった~!
私でも産めたんだから大丈夫です!!
恥ずかしながら私、
本当に破水してからもビビってた位ヘタレなんで…

あゆさん、9ヶ月なんですね!
これから一気に時が過ぎますよ~
自分の時間、大事にして下さいね!
無事出産のご報告聞けたら嬉しいです♪( ´▽`)
安産菌届けーーー!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。