スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出産レポ【3】 完結編。

■ 15:04

赤ちゃん誕生。
なんと、ダンナさん登場4分後に産まれた!
まさにドゥルンッ!って感じ。
「終わったーーー!」と一気に脱力。

しばらくして、オギャーーーと元気な泣き声を聞いて
「そうだ!赤ちゃん産んだんだった!」と赤ちゃんの存在に気づく(笑)
えり母いわく、へその緒が一回首に巻き付いてたみたい(怖)
元気に産声あげてくれて良かった…
我が子の初めての声、愛おしかったなぁ~
胸元で赤ちゃん見て触った。カンガルーケアはなしで
赤ちゃんはすぐに処置台でキレイにしてもらい、
私は後処置。
胎盤出す時にちょっと痛かった。

そのあと、チクチク縫われてる感覚があったので
「会陰切開したんですか?」と聞いたら、
「しなかったよ。」と言われビックリした!
いきんじゃダメなのに いきんだから裂けたのか!?と思ったけど
「裂けてないよ~」と言われる。
少しピリピリいったとこを縫ってくれてたのかな?
絶対助産師さんがマッサージしてくれてたお陰だ!
本当に感謝です(涙)

さっきまであんなに暑かったのに、
今度は全身ブルブル震える程の寒気が…
こうなる人もいるらしい。


私の処置が終わると待合室で待機してたえり父も分娩室の中へ。
「がんばったな~」って頭なでなでしてもらったら
『私もこうやってこの2人から産まれたんだ…』って
キュンとなった。

綺麗にしてもらった娘が私の隣に来て写真攻撃開始(笑)
本当に幸せな時間。
娘は目をパッチリ開けて、お地蔵さんみたいな優しい顔だった。

しばらくして、初めておっぱいをくわえさせる。(男性陣 退場)
まだヘタクソだけど力一杯吸い付いてきた。

そこからもしばらく娘を腕枕して休む。
「新生児室に連れて行きますねー」って私から離れた途端に
泣き出した!!なんて可愛いやつなんだ(感動)

私も車イスで部屋に行く事に。
しかし、相当興奮してたのか血圧が150超えてて、
心臓つかまれてるみたいに苦しい…
ちょっとゆっくり安静にしてたら落ち着いたので安心した。

夕食が出て、お腹空いてたけどすぐに満腹に。
ダンナさんに食べてもらった。

すっごい疲れてるのに夜はほとんど眠れず、
激動の8月23日が終わったのでした。



             *   *   *   *   *



「陣痛は絶対気付くから大丈夫!」って言われてたけど
私みたいに鈍感(?)陣痛の痛みの種類によって(?)
気付きにくい事もあるのかなぁ??
もともと張りやすかったから、痛みを伴う張りに
慣れすぎてたのかもしれないです。

とにかく陣痛と陣痛の間の間欠期は呼吸を整えて冷静になる事。
最後の瞬間まで間欠期はあります(痛くてマヒして来たけど)。
助産師さんが「今痛くないよー」って教えてくれたので、
ツライけど赤ちゃんに酸素をあげるため、自分がパニックに
ならないように冷静になれれば、次に陣痛が来るのが
ちゃんとわかるので自分のタイミングでしっかり
いきめる気がしました。これはもう本能か!?

あと、大事だな~と思ったのが 助産師さんとの相性。
私に付いてくれたのはベテラン師長さんだったようで
アドバイスとか対応がとにかく的確!
そもそも先生は私を一旦家に帰そうとしていたのに、
助産師さんがちょっと待って!と様子を見てくれて
入院の決定をしてくれたのです。
あのまま帰ってたら、私 どこで出産してたんだろ…(怖)
同じ病院で出産した友達に聞いたのですが
この助産師さんご指名で出産する人もいるのだとか!
本当にラッキーでした。

長々と書きましたが、私の出産はこんな感じでした。
これから出産される方にとって少しでも参考になればと思います。

ビビリでヘタレな私でも産めたのできっと大丈夫!

出産された方がよく言うように、本当に幸せな日々が待ってます!!


これで、1月から始まった私のマタニティ記は終了です。
(本当はアップしようと思って保存してた日記もあるんだけど…)
お腹の張りはあったけど、本当に恵まれたマタニティライフ&
色んな意味で忘れられない出産でした。
娘に感謝です☆

さて、ブログ村のカテゴリ…どこに移動しようかな…





にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


産後6日目* 退院日。

いよいよ午後から退院です!
の前にこれからの検診の結果次第ですが。

いや~、昨日の夜はやられました。。。
抱っこ→寝る→置く→泣く→抱っこ…の
繰り返し…(。-_-。)
もう、お目目パッチリ。
寝たの1時半頃だったかな~
騙し騙し私の隣に寝かせて なんとか寝てくれました。
私もすっごく眠くて『早く寝てくれ~』って感じだったけど
こればっかりは焦っても悪循環なので
割り切って病院内を深夜徘徊したりしてました(笑)
抱っこしてればご機嫌ちゃん。
そして日中の今、爆睡。
抱き上げても起きな~い。
これが夜なら最高なのになぁ~。

そして、さっき 母乳量の測定をしました。
母乳量は問題なし☆
もう昨日あたりから母乳したたるーーー!
母乳パット大活躍!
の割りに、娘の飲む量が追いつかない。
3000g無いから?すぐ疲れちゃって飲めないみたい。
まだ産まれた時の体重に戻ってません(誕生後体重が減ります)
搾乳して哺乳瓶で飲ませてます。
もっと頻繁に飲んでくれればいいんだけど。

さて、約1週間ぶりに外の世界に出ます。
外が暑いのか全く感覚がわからなくなってる…
産まれたての娘…今まで快適だったから暑いの大丈夫かな…





にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村




出産レポ【2】 赤ちゃん誕生編。

* 汚い表現満載ですので付き合っていただける方のみ
お付き合い下さい。

* レポ【1】では“看護師さん”と書いてましたが、
おそらく“助産師さん”なので この日記から訂正してます。



■ 12:15~

分娩室に移動。
本当に出産するのかまだ全く信じられなかった。
この時点まで来ても、う○ちが出れば治まるんじゃない!?
って半信半疑だった。ここまで来るとバカか?(笑)

アイスはいくら食べても無料と言われ、喜んで食べる(笑)
いいとも見ながらたまに来る陣痛を無理矢理笑顔でフゥーとのがしながら
アイス食べたりダンナさんにメールしたり。
友達にも陣痛来たっぽい~なんてメールしてた。


■ 13:00~

テレビ消して、ソフロロジーの音楽に集中してみる。
さすがに痛みが強くなってくる。
えり母に腰さすってもらったり、準備してたゴルフボールで
コロコロしてもらったり。
「さすった方がいい?押した方がいい?」と言われ
「んじゃ次の陣痛では押してみて~」なんて言ってられる程。
えり母は元看護師なので終始冷静だった。
正直ダンナよりも立ち会ってもらって良かったよ…(笑)
陣痛の間は本当に余裕で、ダンナさんに
○○持って来て~とか、早く来て~なんてメール。

やっぱり私の陣痛の痛みは便秘っぽい痛み。
私、毎回ではないんだけど生理痛がヒドい時は本当にツラくて
薬が効くまでの間は涙出て、のたうち回る程で
吐き気もして来る時もあったので、それに比べたら我慢できる痛みだった。
よく、『陣痛は生理痛のヒドいの』って言われるけど
私、生理痛のヒドい陣痛だったら耐えられなかったかもしれない…
便秘のヒドい痛みで良かった…


■ 13:45~

破水。
プチっとえり母も気づく程の音がしたと思ったら
一気にジャーー。
そして出産がいよいよ確定した感じで、急に怖気づく…
本当にそれまでは後に引き返せる気がしてた。
結局最後まで覚悟は決まらずビビってた弱虫母。。
本当に怖かったな…

いつ破水してもいいように防水シート敷いてくれてた。
すぐにナースコール。
助産師さんたちは早くても17:00頃に破水すると思ってたらしく
「あなた本当に進みが早すぎるわ~(笑)」と笑われる。
早く進みすぎても危険的な事を言われたけど、
(理由は忘れた。笑)早ければ早い方が私は助かる…

そしてダンナさんに「破水した!早い方がいいかも」と
出産前最後のメールをする。
この時点でも陣痛と陣痛の間はメールとかできたし、逆に
気が紛れて良かった。


■ 14:00位?~

もう暑すぎて病院着を脱ぎ捨ててタンクトップ姿に(笑)
それを見た助産師さんに
「服脱いでる人初めて見た~(笑)」と笑われ、
出産後に写真撮影があるからと、タンクトップを脱いで
病院着を着る事に(笑)
まさかの全裸のお着替えタイム(笑)
自分ではもう着替えられないので、えり母と助産師さんに
着替えさせてもらう。

一気に陣痛が変わる。
陣痛が来ると、えり母と助産師さんに力いっぱい
さすってもらったり押してもらったり。
もう、どこが痛いのかわかんないんだけど 力いっぱいで
体に触れててもらうだけで安心する。
持って来たテニスボールは使わず、助産師さんが
お尻とか押してくれてた。

この時点で一気に子宮口 7センチ。

助産師さんに、「もうダンナさん間に合わない!」と言われた。
私「全然いいです!赤ちゃんの元気な姿見せるだけで十分!」
とカッコいい事言ってた(笑)


とりあえず、陣痛と陣痛の間は冷静になるように注意した。
ダンナさん間に合わないよな~ とか
夜ごはん何かな~ とか、全然関係ない事を考えるようにしてた。

もう何時かわかんないけど、一気にいきみたい感覚に…
でも、子宮口8センチで全開じゃないから我慢と言われる。
この辺が一番ツラかったかな…
『モコごめん。ひとりっこでいいかも』って若干めげた。

力抜いて!って言われても入るーー
でも陣痛と陣痛の間は赤ちゃんに「がんばれ~もうすぐだよ~
痛くないよ~」って話しかけてあげる。

いよいよ分娩態勢に!
今思えば、助産師さんがずっと会陰マッサージしてくれてた。
開きやすくなるように柔らかくなるようにしてくれてたんだな~(感謝)

いきみを逃すのが本当にツラい。
何も食べなかったから吐き気はなかったけど、
昼食食べてたら吐いてたと思う。
食べなくて本当に良かったと思った。

ここに来てまでも便意が(笑)
「う○こ出るーーーーっ!!う○こっっ!!」
と、とりあえず先に分娩台でう○こ出産(笑)
助産師さんが取り上げてくれた(笑)
午前中から便意との戦いだったので
「スッキリした~」とホッとする(笑)
今考えると意外と冷静だったなー。

先生分娩室に来る。

いつ全開になったかわかんないけど、
もう我慢の限界でフゥーーと息をはきながらいきんでた。

「赤ちゃん苦しがってるよ!」と言われてモニターの心音聞いたら
確かに心拍がゆっくりになってる!!
私、ちゃんと呼吸できてなかったんだ!と我に帰り
しっかりと呼吸してみたら心拍あがった!
やっぱり母体と赤ちゃんは一心同体!
陣痛と陣痛の間は呼吸を整える事に集中した。


■ 15:00

予想よりも早くダンナさん到着!
誰もがダンナさんの立会いを諦めてたので
分娩室に入って来た時は分娩室内大歓声(笑)
まるでヒーロー登場(笑)
助産師さんがカルテにダンナの到着時間まで書いてるのを私見てた。
えり母にかわってダンナさんに手を握ってもらう。
でも、「強く握ると痛いかな?」って枕も一緒に握る冷静な私。
陣痛と陣痛の間は「セミがないてる~」とか気を紛らわせて
赤ちゃんのために呼吸を整える。

そんな中、ダンナさんが酢飯でも冷ますかのように
うちわ攻撃!!(笑)
「そんなに仰がなくていいっ!」と若干キレる(笑)
ダンナさん来てから2~3回いきんだら赤ちゃん出てきた!!!





にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村




産後5日目* 明日退院です。

毎日があっという間に過ぎ、いよいよ明日の午後に
退院です(明日の検診で異常なしなら)

昨日は娘の聴力検査がありました。
左右ともに異常なしとの事でホッとしてます。

今日は初めて私が沐浴をしました!
怖かった…けど、気持ち良さそうにしてたので
風呂好きちゃんなのかな?

娘との生活は楽しいです!
でもほとんど寝てるのでちょっと淋しい新米母ちゃんです。

授乳ですが、娘は『腹減ったーー』ってあんまり泣きません。
ホギャァァってなっても抱っこすればご機嫌になっちゃうので
腹減って起きたのかわからない…
オムツ汚れてても泣かない。
赤ちゃんってお腹空いたり、オムツが汚れたら
泣くもんだと思ってたので予想外です。
新生児ってこんなもん??
これからなのかな??

まだ小さいので、助産師さんに
“母乳とミルク足すなら5時間までは空けても大丈夫”
と言われたのですが、この子…5時間経っても起きない。
だから、夜中の授乳は最後の授乳から5時間経った頃の時間に
アラームセットして起こして授乳してます。
起こさなかったら朝まで寝る気か!?
なので、今の所 夜中の授乳は1回で終わってます。
私は母乳をメインにミルクも併用するつもりなので
ミルクをいつ足すかとか、早くペースをつかみたいです。





にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村




出産レポ【1】入院確定まで。

忘れないうちに…
ちょいちょい書き溜めてたので、ちょっとずつアップします。


8月23日(木)

出産前 最後の更新後から。


前日に下剤を飲んでた私…これが最後まで
看護師さんを含め混乱させる原因に…

* 汚い表現満載ですので付き合っていただける方のみ
お付き合い下さい。


■ 6:30~

おしるしがあると様子見で入院もあり得るそうなので
とりあえずシャワー。
前日の下剤効果か便意がずっとある…(ちょっと出た)
下痢ではなくて便秘で詰まってる感じ。

朝ごはんの食器片付けて、日課の梅ちゃん先生見てから
産院に電話。
とりあえず受診してと言われ、自分で運転して行こうと思ったけど
入院となったらメンドクサイので えり母に電話。
本当はカラオケ教室に行こうとしてたけど(笑)、
乗せて行って付き添ってくれる事に。
そのまま最後まで立ち会う事になるなんて想像もしてなかった。
この時点でも、便意がおさまらない…
とりあえず自主運転しなくて良かった。


■ 9:30~

病院に到着。
お腹がずっと張りっぱなしで便意があるのに出ないという事で
急に胎盤早期剥離の可能性を告げられる(驚)
とりあえずモニターで赤ちゃんの心音と張りチェック。
この時点ですでに5分間隔の張り。
胎盤早期剥離の可能性は薄くなった。
あまりにも私が、う○こう○こ言うもんだから、
看護師さんも陣痛じゃなくて ただの便意と勘違い。
子宮口…1.5センチでまだまだ硬い。
出産は1週間以内かな~となんとなく思う。


■ 11:00~

まだ便意との格闘(笑)←だから、アナタこれが陣痛よ。
さすがに看護師さんも「これ陣痛じゃない?」と陣痛を疑い始める。
この時点で5分間隔。
でも私は便意と信じて疑わない(笑)
ついでに激しい尿意もあるけど出ず、導尿で出してもらう。
たぶん赤ちゃんがもうずいぶん下がってたんだろうね。
私、病院で何回う○こ・おし○こ と発しただろう…(笑)
子宮口…2センチでまだまだ硬い。
張りの波が来ると痛いけど、フゥーってしてれば大丈夫。


■ 12:00~

入院確定。
ここに来てやっと入院&陣痛が確定。
私はそれでもまだ便意と思っていて(どんだけ鈍感。笑)
う○ちさえ出れば治まって帰れると思ってた(マジで)。
先生がダンナさんに電話してくれた。
念のためすぐに新幹線で戻る事に。
病院到着予定は15:30前かな?って感じ。
初産なのでこの時点では夜の出産になるだろうとの事。
『本当に今日産むの!?う○ちでしょ!?』
って私、全く信じられない。

眉間にシワ寄せてフゥーってやってたら、看護師さんに
「今の段階からシワ寄せてちゃダメよ~」
と言われ、「そうなんですか~?」と笑顔でフゥーと
おちゃらけてのがせるほどまだ余裕の痛み。

昼食を出されたけど、先生に
「食べると吐く人もいるから無理して食べるな。」
と言われたので、空腹だったけどえり母に食べてもらった。
てっきり、体力つけるために食べろって言われるのかと思った。
今考えると食べなくて本当に良かった。
3食丼…美味しそうだったな…(笑)


つづく。





にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。